MENU

初心者にオススメしたいALCヒアリングマラソン

ライター

海外で暮らしたくて10歳から英語を独学、16歳で渡米。大手メーカーで10年以上海外部門で働き、退職してNZへ。帰国後も長期で海外放浪癖があり、現地でボランティアやWebサイトのヘルプを行う。現在は田舎で外国人向けの小宿を経営。

ヒアリングマラソン=上級者というイメージを持つ人が多いかもしれません。たしかに時事ニュースやスピーチ、映画のセリフなど難易度が高いイメージがありますが、聴き続けて最も効果があるのは初級者です

初心者がヒアリングマラソンに向いてる3つの理由

・余計な知識がないことで素直に聞き取れる。
・難しいテキストと違って、好きなトピックから聞き慣れていけばいい。
・会員サイトで同志を見つけてモチベーションを上げやすい。

目次

何もわからないうちに聞きなれていく

私たちの日本語生活の中にも聞き取れない、意味が分からない会話はたくさん耳にしますよね。難しいニュース、関心のない分野の特集、専門的な話題(医学・法学など)、他人の会話も背景が分からなければ意味不明です。また、人それぞれ小声の人、早口の人、方言など聞き取れない場面がたくさんあります。

ヒアリングマラソンはまさにその状態を英語で示している自然なものだと思います。初心者のうちからこれにに耳慣れていく方が効率的ですよね?
初心者向けのゆっくりハッキリ話すCDを聴き続けても効果は得られません。同じ講師が同じ内容を話すCDを繰り返し聴くと、そのテンポや発音に慣れてしまってステップアップが難しくなります。
もちろん海外へ行けば、そのように話してくれる人なんていません。

不安な人は半年コースから始めてみよう
ヒアリングマラソン半年コースなら1日当たり171円!

中級者より初心者に効果がある理由

初心者にオススメする理由は…中級者だと理屈が増えるからです(笑)
こんなの聴いても意味ないとか、TOEICに使えないとか、豪州人とビジネスで関わらないとか…  初心者の方が余計な情報も経験もなく、英語耳を作りやすいでしょう。これは後になってテキスト英語を聞き慣れてきた人と大きな差が生まれます。

わたしは20年間以上英語に携わっていますが、TOEIC700点前後で英語を流暢に話す人には会ったことありません。カタカナ英語をスラスラ話す人はいますが…
そして海外やビジネスでは、ほとんど英語を聴き取れずに誤解釈している場面を見かけます。

実践し、失敗してステップアップするのはみんな同じです。
それなら初心者のうちから生の海外環境を耳にすることをオススメします!

イングリッシュジャーナルで海外文化を楽しむ

イングリッシュジャーナルは、ヒアリングマラソンに付属する雑誌で副教材だけでなく読み物としても情報満載です。私はヒアリングマラソンの期間が終わってもイングリッシュジャーナルを購読していました。最近はオンラインページができ、Kindleでも購入できるので便利ですね。音声もダウンロードできます。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
TOPへ
目次
閉じる