ブログ運営に迷子になってモヤモヤするとき考えたいこと

自分の中でモヤモヤしてること、もちろん正解はないけれど、そのブログがどの位置にあるのか見つめなおすために書いてみました。(コンテンツ内容によって位置は変わります)

目次

ブログの位置付け

Aは「The日記」。昔から無料ブログにずっと日常や趣味を書き綴ってる人が良い例です。そのほか自分を売り込むために知識を綺麗にまとめてる人やフォトグラファー、プログラマーのメモ書きもこの部類。広告をほとんど挿入しない。

Dは売りたい人、稼ぎたい人、アフィリエイター。雑多や流行(トレンド)もありますが、しっかり稼いでる人はポイントを絞った分野とユーザーに向けて書いてると思います。最近はPV関係ないかも。

BとC これが問題。ほとんどのブロガーがここにいる。Dに憧れながらもCというか「あわよくば稼ぎたい」「でも何書こう?」「雑記ブログでいいよね!」「でも読者に役立つことを!」って考えてるブロガー。自分も結局BやCをウロウロしてる類です。

Dほどガツガツしたくない、自分には無理という気持ちもあってどうしてもB~C留まりになってしまう。
いまは昔ほどマニュアル(ウワサ)通りに進めなくてもPVを得られると思います。〇〇字以上不要、〇〇記事以上不要、雑記ブログもOK、WordPress+プラグインで誰でもそれっぽいサイトも作れてしまう。
だからふわふわっとBにいては小遣いも稼げないということです。たまたまアドセンスで数百円入る程度。それなら割り切ってAを作りこむ方が満足がいく。

Cは周りより違うことを持っている人。マニアックな知識、文才、Twitterフォロワーの多さ、イラストでの惹きつけなど。もちろんこれで稼げるわけではないが、稼ぐ可能性があるステージにはグッと近づく。ちなみにどんなにこだわったデザインや美しい写真を並べてもアクセスに関係ないのでTwitterなどで存在を広める必要があります。

何を書くかではなく誰に向けて(ペルソナ)

扱うジャンル、今後稼げるジャンルなどを考察しているブログを見かけますが「誰に向けて」の方が大切。
ペルソナをはっきりさせると、その枠内の人が興味を持つである内容が共通するので雑記ブログでもアクセスが集まりやすくなるのです。

例えば、独身・30-40代・男性・都市部在住・登山好き であれば
登山道具だけでなく、臭い発汗を抑えるウエア、カメラ等のデジモノ、自転車などにも興味を向けやすい。それだけで1つの雑記ブログが仕上がる。

ブログを自分の店として扱う

個人開業して1つの店をもつことと、ブログで稼ぐのは同じことです。ただ、開業資金やハード(建物や工事)がかからず目にも見えないので軽視しがちになります。パソコン・ドメイン・レンタルサーバー・有料テーマだけですべて準備が整いますからね。計画、企画、営業、接客、整理・清掃、運営・管理、維持、経理など流れはすべて同じです。生活かかってるなら必死になるし、念願のショップオープンなら楽しもう・続けようと思うが、ブログは簡単に始めてるのでそこまでの思い入れがない。

どんな成果・出来栄えを望んでいるのか、誰に向けているのか、自分のショップと思えるものなのか。

これをはっきりさせると、ブログ執筆も進むと思います。では書きましょう(‘ω’)ノ

よかったらシェアしてね!

運営&ライター

田舎へ移住する前に考えてほしいこと、移住した後に知っておいてほしいことを経験談からまとめています。東京OL→ド田舎10年生。海外歴6年。英語学習とブログ運営についても書いてます。未来で何が起きてもブレない軸を作りましょう!

コメント

コメントする

目次
閉じる