MENU

読み書きよりもヒアリング

ライター

海外で暮らしたくて10歳から英語を独学、16歳で渡米。大手メーカーで10年以上海外部門で働き、退職してNZへ。帰国後も長期で海外放浪癖があり、現地でボランティアやWebサイトのヘルプを行う。現在は田舎で外国人向けの小宿を経営。

目次

4つのスキルと相関関係

日本の教育というのは読み書きに重点を置き、それらを暗記したり選択肢から解答を選ぶ技術を学ぶことが最終的に試験となっています。

ライティング/リーディング、スピーキング/ヒアリングこの2セットは英語学習でよく耳にしますよね。
この能動と受動の能力がバランス良く保たれないと成果は見えません。読解力のない人は作文力がなく、話せない人は聞き取れないということです。
英語に限ったことではなく、日本の日常でも人の話や説明をちゃんと聞き取れない・読み取れない人は、人に説明するのも苦手で言葉足らずな人が多いですよね。

単語をたくさん知っていることは英語力ではなく、知識にすぎません。
外国人と会話しているとき、「この人の英語聞き取りにくいな…」と感じれば、相手もあなたの英語に同じことを思っています。メールの文章も互いに同じ印象を受けています。

\飽きさせない工夫がいっぱい/

インプットだけでは結果は出ない

日本人はどちらかと言えば受け身に慣れていて、読むことや聞き手側にまわることが多いですよね。
そして自分から動く、自分の意見を作文する・話すという表現を苦手とします。
しかし読み書きが出来ても、海外旅行やワーキングホリデーでは対話する場面が多く、英会話能力はビジネス上で大きな影響をもっています。

しっかりとヒアリング力をつけることで、日本にいてもスピーキングレベルを上げることは可能です。
それはゆっくり丁寧な英文ではなく、ネイティブの自然な会話スピードを聞き慣れることが重要なのです。

このためにはヒアリングマラソンで多聴して慣れていくこと、清聴して口に出す(シャドーイング)ことの繰り返しによって身についていきます。

書ける人は読める、話せる人は聞き取れる。しかし性格や国柄が能動的に動くことを苦手としてせっかくのインプットを台無しにしています。
そのままヒアリング力だけをインプットするのではなく、海外旅行へ行ったり短期留学にチャレンジするなどアウトプットして英語力を身につけましょう。

話せないなら聞き取れない

これはヒアリング/スピーキングを本気で学ぶために認識しましょう。話すというのはカタカナ単語をつないだ英語のことではありません。つまりネイティブの会話を聞き取れるようになれば、話せるようになります。

しかし聞き流すだけでは英語が話せるようにはなりません
逆を考えてください、外国人が日本人の集まる場所に黙って座り続け、日本人の会話を聴いてるだけで話せるようになりますか?ならないですよね、声に出すこと、実際に会話して自分の発音を確認しないと話せるようにはなりません。

では会話する機会を持たず出来る限りヒアリング・スピーキング力を伸ばすにはどうすればいいでしょう。
海外のどこに行っても通用する実用レベルのヒアリング力を養います

\飽きさせない工夫がいっぱい/

単語ではなく全体の流れ

ヒアリング・スピーキング上達のコツは
聞き慣れる→全体の状況だけ理解する→口にリズムや強弱を覚えさせる

単語だけを覚えようとする人がいますが、単語単体だけを覚えるのはリーディングくらいしか役立ちません。単語だけを大量に丸暗記している人は、意味としてマッチするものを当てはめるので、全体の流れに合わない単語を使う人が多いのです。

ヒアリングも、受験や資格勉強のせいで、解答のための必要な単語だけを聞き取ろうという癖がついていますよね。
その聞き取り方では、答えのないもの、つまり日常会話や映画を楽しむときに注目すべき単語を判断できません。
また、「単語の組み合わせ」として忠実に聴いてると、話すときにロボットみたいになってしまいます。

日本語はイントネーションのないダラダラした言語ですが、英語はハッキリと強弱を付けて話すので日本語よりも相手の言いたいことを把握しやすいのです。
清聴のコツは

イントネーションの強い部分だけを確実に聞き取る。

全体を勝手に想像しながら聴く

使われている単語やイディオムだけをテキストでチェックする(訳文は見ない)

聴く (だいたい分かってくる)

全文訳で確認する

しつこくシャドーイングを行う

聴く (はっきり分かってくる)

同じスピード・イントネーションになるまでシャドーイングする

たったこれだけです。これを何度も何度も繰り返すだけです。

ポイントは
すぐに全文・全訳を見ない、ニュアンスや想像で聴いていく
隅々まで全単語を理解しようとしない
シャドーイングは完全コピーするまで繰り返す
この3つは守ってくださいね。

\飽きさせない工夫がいっぱい/

アクセントではなくイントネーション

これもまた受験勉強の延長になりますが、単語を学ぶときにアクセントも一緒に覚えますよね。とても重要なことですが、単語単体で話しても発音が悪ければ通じません。

易しい文章でいいので、「文」で話すと、多少のアクセントや発音が悪くてもネイティブに通じます。
単語をたくさん知っている人=上級者ではありません。
易しい文章を的確なイントネーションで話せる人が、ネイティブと会話できる上級者だと思います。

名詞や動詞、数字、固有名詞、接続詞は強く発音されますが、関係詞、代名詞、前置詞などはほとんど聞こえません。文法的には重要ですが、会話では強く意識しなくていいという流れをつかみましょう。
各単語も日本語の一音一語に当てはめず、聞こえたまま音楽のように覚えます。

もう一度言いますが、全英文・全和訳をあまり見ないようにしましょう。何を言ってるか知ってしまうと、itさえもクリアに発音してシャドーイングするからです。familyという単語を文章で追って聞くと「ふぁみりー」と言ってしまいます。聴いたままなら「ふぇんむりぃ」だったはず。

まずは口に覚えさせること。ディクテーションや文法、単語の意味はその後です。
先に単語・文法・語順・ライティング力をつけた後にヒアリングやスピーキングを学ぶというのは、形式的な考えに当てはめて理解しようとするので上達しません。

まずは素直に聴くこと、真似ること。歌の練習くらいのノリで楽しみましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
TOPへ
目次
閉じる