読み書きよりもヒアリング

目次

4つのスキルと相関関係

日本の教育というのは読み書きに重点を置き、それらを暗記したり選択肢から解答を選ぶ技術を学ぶことが最終的に試験となっています。

この2セットはよく耳にすると思いますが、
読解力のない人は作文力がなく、話せない人は聞き取れないということです。
英語に限ったことではなく、人の話や説明をちゃんと聞き取れない・読み取れない人は、人に説明するのも苦手で言葉足らずでしょう。

単語をたくさん知っていることは英語力ではなく、知識にすぎません。
外国人と会話しているとき、「この人の英語聞き取りにくいな…」と感じれば、相手も同じことを思っています。メールの文章も互いに同じ印象を受けています。

インプットだけでは結果は出ない

日本人はどちらかと言えば受け身に慣れていて、読むことや聞き手側にまわることが多いですよね。
そして自分から動く、自分の意見を作文する・話すという表現を苦手とします。
しかし読み書きが出来ても、海外旅行やワーキングホリデーでは対話する場面が多く、英会話能力はビジネス上で大きな影響をもっています。

しっかりとヒアリング力をつけることで、日本にいてもスピーキングレベルを上げることは可能です。
それはゆっくり丁寧な英文ではなく、ネイティブの自然な会話スピードを聞き慣れることが重要なのです。

このためにはヒアリングマラソンで多聴して慣れていくこと、清聴して口に出す(シャドーイング)ことの繰り返しによって身についていきます。

書ける人は読める、話せる人は聞き取れる。しかし性格や国柄が能動的に動くことを苦手としてせっかくのインプットを台無しにしています。
そのままヒアリング力だけをインプットするのではなく、海外旅行へ行ったり短期留学にチャレンジするなどアウトプットして英語力を身につけましょう。

あわせて読みたい
聞いてばかりじゃ意味がない!ヒアリング学習の成果を確認しよう 多聴+清聴を繰り返した成果を確認するにはどうしたらいいでしょう。数カ月前のテキストを見直しても、一度聴いたことのあるコンテンツは集中力が欠けてしまいます。 【...
よかったらシェアしてね!

運営&ライター

田舎へ移住する前に考えてほしいこと、移住した後に知っておいてほしいことを経験談からまとめています。東京OL→ド田舎10年生。海外歴6年。英語学習とブログ運営についても書いてます。未来で何が起きてもブレない軸を作りましょう!

目次
閉じる