MENU

ヒアリングマラソンと他の教材の比較

ライター

海外で暮らしたくて10歳から英語を独学、16歳で渡米。大手メーカーで10年以上海外部門で働き、退職してNZへ。帰国後も長期で海外放浪癖があり、現地でボランティアやWebサイトのヘルプを行う。現在は田舎で外国人向けの小宿を経営。

初めてヒアリングマラソン教材をみたとき、多くの人が英語勉強に挫折する・ヒアリングを苦手としている・現実に実践できない問題を考慮した内容だと思いました。そしてこの方法は初心者のうちに習得すべき内容となっています。

ヒアリングマラソンが他の教材と大きく違う点

自然な海外環境に耳慣れていく
・勉強という重荷を与えない工夫
・学習の方法が自由 

自然な英語環境を耳にしていく

様々なシチュエーションに文法を盛り込んだ会話やスピーチを聞く
内容レベルもバラバラに組み込まれている
話している人がコンテンツ毎に違い、国も違う

初心者には敷居が高く感じるかもしれませんが、日本にいながら耳を慣らすためのナチュラルな状況作りになってます。
日常的に私たちは、内容の分からないニュース、友達との会話、各人の特徴的な話し方に囲まれて生活していますよね。ヒアリングマラソンではこの当たり前な日常を教材としています。

また、中上級者だから難しい単語を使った英語を聞くのではなく、国別の色んな表現を知る、確実に聞き取るとることで世界の英語として聞き慣れる力になります。

\飽きさせない工夫がいっぱい/

勉強という重荷を与えない

一般的な教材は、いつ始めても決まったテキストが初回にドッサリ送られてくるだけですが、ヒアリングマラソンは毎月読み切りの内容となっています。
(一部連載コンテンツがありますが、理解できる構成になってます。)
1年分のテキストを渡されるより、雑誌風の2冊が毎月送られてくる方が取り組みやすいですよね。1ヶ月分の内容を繰り返し聞くことで耳慣れていきます。

飽きてきたら、日本語の読み物にシフトしよう

イングリッシュジャーナルには様々な人のコラムページがあるので、勉強方法や海外生活など参考になるアドバイスが含まれています。
2種類の教材の他にも、マガジンアルクという情報誌も送られてきます。これはヒアリングマラソンだけでなく、英語学習や海外情報、外国人が語る日本など学習意欲が出る読み物(すべて日本語)です。

学習方法が自由

日本人の多くは「やり方」とか「取り組む順序」を知りたがるんですよね。
すぐに「効率的な方法」などを検索します。

ヒアリングマラソンにはそのような学習順序を示すものはありません。多聴と清聴を繰り返すだけです。
様々なシチュエーション、レベル、多国、多人数の英語を聞き慣れる(多聴)
音声を真似して口に出すシャドーイングを行う(清聴)

基本的な多聴と清聴を繰り返したら、ステップアップする方法に取り組めばいいと思います。
何度も言いますが、まずは聞き取るのではなく、聞き慣れる事が大事です。

よかったらシェアしてね!
TOPへ