MENU

ヒアリングマラソンとシャドーイングに必要な道具

ライター

海外で暮らしたくて10歳から英語を独学、16歳で渡米。大手メーカーで10年以上海外部門で働き、退職してNZへ。帰国後も長期で海外放浪癖があり、現地でボランティアやWebサイトのヘルプを行う。現在は田舎で外国人向けの小宿を経営。

シャドーイングとは音声を聞いて、それと同じ音を真似して口にすることです。意味の理解ではなく、スピード、リズム、発音をしっかり聞いて声に出すことで記憶を高めるもので、通じる英語を話す効果的な方法です。

シャドーイングの目的

・発音やアクセントを完全コピーして発声するトレーニング
・聞き流しではなく集中してしっかり音を聞き取る(清聴)
・翻訳、英文法、単語学習ではない
・カタカナ発音をなくす

清聴するときは専用ヘッドホンを使おう

家事や運転中はスピーカーからの音を多聴でもいいですが、清聴する時はヘッドホンやイヤホンは必須で、シャドーイングするならマイク機能がついた専用ヘッドホンがおすすめです。スピーカー音は発音を細部まで聞き取れず、雑音も耳に入ってしまうため集中して聞くには不向きです。

シャドーイングに最適なヘッドホンはキオークマン!

自分のし話した声が直接自分の耳に届くことで反復音読による記憶効果になります。集中して清聴できるようノイズもしっかりカットするヘッドホンです。シャドーイングは話すことに意味があるので基本的には家で使うことになります。大きなサイズのヘッドホンですがそこは気にならないと思います。

created by Rinker
城下工業
¥12,375 (2022/01/22 23:35:04時点 Amazon調べ-詳細)

全体文のイントネーションを聞き取るなら何でも良いと思いますが、発音をしっかり聞き取りたい人は音質の良いものがオススメです。ヘッドホンといえばSONYですね。ノイズキャンセリング機能は人の声以外の物音(自動車、電車、飛行機、エアコンなど)を遮断するので落ち着いてヒアリングに集中できます。ワイヤレスで30時間使用できるのも◎

通学・通勤中は分離型イヤホンの方がコンパクトで便利ですよね。どこで聴くにしても1つは持っておきたいアイテムです。

\飽きさせない工夫がいっぱい/

イングリッシュジャーナルでさらに深く広く世界を学ぶ

ヒアリングマラソンは他の教材と違って、毎月発行される雑誌風の教材イングリッシュジャーナルが副教材となっています。読み物として楽しめるように様々な短いトピックを織り交ぜて飽きない工夫がされているのがイングリッシュジャーナルです。自分が関心のあるトピックを選んで何度も聴くのがおすすめです。

なかなか内容に慣れないときは息抜きに違う教材を聴くのも大事です。やはり会話形式のリスニング教材を聴いたほうがいいです。気をつけたいのは極端に易しいテキストや単語集を聞かないこと。現実と違うスピードに聞き慣れることはオススメしません。理解できなくても自然な会話を収録した教材を聞きましょう。

created by Rinker
¥2,103 (2022/01/22 23:35:05時点 Amazon調べ-詳細)

ヒアリングマラソンは机に向かってノートを取るような勉強法ではありません。和訳も必須単語もテキストに書かれているためいちいち辞書をひかずに集中が可能。雑誌なので、終わりの見えない厚いテキストとは違う気軽さもあります。
聞き流すだけの通勤・通学時間、自分が落ち着いて集中できる場所、声に出してシャドーイング出来る場所をそれぞれ見つけて短時間でも取り組むことが大切です。

カタカナ英語ではいつまでも通じない!

シャドーイングはいわゆるモノマネです。聞いたものをどれだけ忠実に再現できるかになります。日本語は強弱の少ない棒読みのような発音言語です。r、v,w、thの音を苦手とし、発音を恥ずかしいと感じる人もいます。カタカナを払拭して正しい音で口に覚えさせるためには、シャドーイングでの反復練習は必須です!

created by Rinker
城下工業
¥12,375 (2022/01/22 23:35:04時点 Amazon調べ-詳細)

シャドーイングは読解力ではなく、忠実なヒアリング力を高めることでスピーキングの発音やスピードを鍛えるものです。英語環境に耳を慣らす多聴と、音をしっかり聞き取る清聴で会話力をワンランク上の英会話力を身に着けましょう!

・聞き流すだけで英語は上達しない
・口にしてリズム、スピード、アクセントを完全にコピーしていく
・シャドーイングはノイズのないヘッドホンで集中して清聴する

\飽きさせない工夫がいっぱい/

よかったらシェアしてね!
TOPへ